家を買う時の頭金とは? 頭金のメリットと注意点|頭金ゼロでも家は買える?

家を買う時の頭金とは? 頭金のメリットと注意点|頭金ゼロでも家は買える?
この記事のポイント
  • 頭金のメリットや注意点について理解できる
  • 頭金ゼロでも購入できるが注意点がある
  • シミュレーションをして、自分に合ったローンを組むことが大切

家を買うことは、人生においても大きな決断の一つです。気軽に買おうというわけにはいかず、頭金や住宅ローンなどの費用面が気になる人も多いことでしょう。

今回は、特に頭金に焦点を当て、頭金とは何なのかという説明や頭金を用意するメリット・注意点の解説を行います。また、頭金なしで家を買うことができるかどうかにも言及するので、住宅購入を検討している人はぜひ今後に役立ててください。

家を購入する時の頭金とは?

家を買う時には、頭金を支払うことが一般的です。頭金とは、ローンを組んで購入するような高額商品の代金のうち、一部を先払いするもの。商品代金に充てられるため、頭金を多く払えば払うほど、ローンで借り入れる金額が少なくて済みます。

では、頭金はどれくらい用意すればいいのか、以下で詳しく見てみましょう。

頭金の目安はどれくらい?

家を買う際の頭金の目安は、おおむね物件価格の10~20%とされています。そこで、実際にはどの程度用意されているのか、2022年度のフラット35利用者調査のデータを下記にまとめたので、ご覧ください。

頭金(手持金)の平均額住宅価格に対する割合
注文住宅641.2万円17.3%
土地付注文住宅449.6万円9.6%
建売住宅317.7万円8.5%
マンション987.8万円20.4%
中古戸建274.3万円10.1%
中古マンション528.9万円16.8%

引用元
住宅金融支援機構|2022年度フラット35利用者調査

なお、家を購入する際には、物件の代金のほかに税金や手数料などの費用もかかります。住宅価格の7%前後と考えられているので、頭金とは別に準備が必要です。

頭金を準備する4つのメリットとは?

頭金を準備する4つのメリットとは?

では、住宅購入の際に頭金を準備するメリットとは何なのでしょうか。4つの点について解説します。

1. 住宅ローン返済の負担を減らせる

頭金を支払うことにより、住宅価格の総額から頭金を差し引いた金額で住宅ローンの融資を受けることになります。つまり、頭金を多く払えば払うほど借入額が減るので、返済の負担や返済期間を減らすことができるでしょう。

また、返済期間が短縮できれば支払う利息も安くなります。返済総額を少しでも減らしたいなら、月々の返済額を無理のない範囲で高めに設定してみてください。

2. 住宅ローン審査に通りやすくなる

頭金を支払った分、借り入れる希望額が減るので、住宅ローンの審査にも通りやすくなるでしょう。転職したばかりなど不利な状況がある場合は、頭金を準備しておいたほうが信用度が高まり、審査通過のハードルが下がりやすいです。

関連記事
住宅ローン審査とは? 審査の流れと通過のポイントを紹介

3. 金利優遇を受けられることがある

住宅ローンの融資元(金融機関)によっては、頭金の割合によって金利を優遇する制度を導入していることも。たとえば、住宅金融支援機構が提供するフラット35では、頭金を10%以上準備すると金利の優遇を受けられるというサービスがあります。

4. 住宅ローン開始前の出費を自己資金でまかなえる

住宅ローンの融資は、家が完成してから下りるのが一般的です。しかし、家を買う際には、借入金が手元に入ってくる前に必要な出費もあります。頭金があれば、このような必要経費を自己資金でまかなえるため、決済がスムーズです。

頭金を準備する際の2つの注意点とは?

住宅購入で頭金を準備するメリットがわかったところで、つづけて、頭金に関する注意点も押さえましょう。

1. 準備するまでには時間がかかる

当然のことですが、頭金を貯蓄するには、ある程度の時間が必要です。多めに準備しようとすればするほど、期間が長引きます。

頭金を貯めることにばかり意識が向いて、家の購入が遅れてしまうこともあるので注意が必要です。結果的に住宅ローンの完済も遅れてしまうことがあるので、返済期間のことも頭に入れながら、無理のない金額を用意してください。

2. 手持ち資金を全て利用しない

頭金を捻出するために、預金など所持しているお金を全て利用するのは非常に危険です。前述したように、家を買う際には税金や手数料などの諸費用がかかります。また、引っ越しの費用や家具家電の購入費、生活費、急な出費への備えなども必要です。

つまり、頭金の支払いで無一文になっては、その後の生活に支障が生じてしまいます。そのため、手元資金の全額を頭金として入れるのではなく、ある程度の余裕を残しておかなければなりません。

頭金ゼロでも家は購入できるの?

頭金ゼロでも家は購入できるの?

では、頭金が全くない場合、家を買うことはできるのでしょうか。かつては不可能でしたが、現在は住宅ローンが低金利に抑えられているため、頭金ゼロでもローンを組んで住宅購入が可能です。しかし、事前に知っておくべき点について、以下で詳しく解説します。

頭金ゼロで組むローン|フルローン・オーバーローン

まず、頭金なしの場合に利用できる住宅ローンには、フルローンとオーバーローンがあります。それぞれの特徴について見ていきましょう。

フルローンとは?

住宅ローンのフルローンとは、物件の購入価格を全て借り入れしてまかなうことです。もちろん、誰でもいくらでも融資を受けられるというわけではなく、一定の水準の収入や与信があることが前提です。

返済負担率の基準は融資元によって異なるため、複数の金融機関に同時に申し込みを行い、もっとも条件の良いところと契約する方法もあります。

オーバーローンとは?

オーバーローンとは、物件価格に加えて、不動産登記にかかる税金や手数料、契約書に貼る収入印紙の印紙代、火災保険料などの諸費用までを含めて融資を受けるもの。物件価格を超えるため「オーバー」と表現され、フルローンよりさらに借入額が増えます。

ほぼ自己資金なしで家を買えるというメリットはありますが、返済の負担が大きくなりがちなことには十分な注意が必要です。利用にあたっては慎重に検討しなければなりません。

頭金ゼロで購入する際の注意点とは?

次に、頭金なしで家を購入する場合の注意点をお伝えします。

1. 借入金が増えて負担が増える|利息に注意

フルローンやオーバーローンでは、借入総額が増えるのはもちろんのこと、利息(金利)も加算されるため、返済の負担が増えてしまいます。また、頭金がある場合に比べて金利が高くなる可能性もあるため、注意しましょう。

2. 諸費用は現金で必要なこともある

物件代金はローンで支払えても、諸費用は現金で払わなければならないこともあります。諸費用分も借入金でまかないたい場合は、前述したオーバーローンの利用を視野に入れましょう。

また、住宅ローンとは別に諸費用のためのローンを用意している金融機関もあります。金利は住宅ローンより高いこともありますが、気になった人はぜひ窓口で相談してみてください。

3. 中古住宅では頭金ゼロが難しいケースがある

中古住宅では、物件の状態(資産価値)により、フルローンが組めない可能性があります。中古の物件は新築に比べてどうしても価値が下がるので、金融機関が評価した物件の担保額と、実際の購入価格に差が出てしまうことがあるためです。

住宅ローンの返済をシミュレーションしてみよう

ここでは、住宅ローンの返済について、今家を買った場合と頭金を貯めて買った場合で比較シミュレーションします。

今買うのと貯めてから買うのはどちらがおすすめ?

【シミュレーション条件】

  • 今住んでいる家の家賃10万円
  • 物件価格3,000万円
  • 金利1.3%
  • 返済期間30年
  • 4年間での頭金貯蓄300万円

条件によっても異なりますが、今買う場合と頭金を貯めて4年後に買う場合では、このような結果になりました。

今買った場合4年後に買う場合
頭金0円300万円
月々返済額100,681円90,613円
家賃0円480万円
返済総額36,245,142円32,620,594円
支出合計36,245,142円37,420,594円

頭金の分だけ返済総額は減りますが、その間も家賃がかかり続けるため、支出の合計金額は4年後のほうが高くなっています。実際には、払っている家賃や金利によっても変わるため、自分の状況に当てはめながら計算してみてください。

頭金のメリットと注意点を把握して自分に合ったローンを組もう

頭金のメリットと注意点を把握して自分に合ったローンを組もう

家を買う際に頭金を用意することには、ローン総額を減らせるなどのメリットがある反面、準備に長い時間が掛かるなどの注意点もあります。

今の時代、頭金ゼロでも住宅購入ができますし、シミュレーション結果では、頭金をためずに今買ったほうが総額が安くなる場合があることもわかりました。

家を買いたい・とりあえず物件情報を見てみたいという人は、ぜひ豊富な物件情報と取引実績を持つアドキャストをご利用ください。無料の会員登録をすると、WEB上で限定物件をチェックできて、自分の希望に合った物件を探しやすいです。

目次へ戻る目次へ